講師プロフィール
*
講師プロフィール


林 道郎 (はやしみちお)

1959年生まれ。東京大学卒業。コロンビア大学人文科学研究所美術史学科博士号。現在、上智大学比較文化学部助教授。美術史および美術批評。現代美術関係の主な著作に以下のようなものがある:連載「美術史を読む」(1996年1月から6月にかけての『美術手帖』);「『ポップ・アート』の言説−−その水脈」(1998年のセゾン美術館での展覧会『ルートヴィヒ・コレクション:ポップ・アート、20世紀の大衆芸術革命』のカタログ論文);「演劇性(劇場性)をめぐって」(2001年の『Saison Art Program Journal』7号掲載論文);「縁に立てられた絵―『二箇所』の余白に」(2003年の芸大美術館での展覧会『二箇所―絵画場から絵画衝動へ―中西夏之』のカタログ論文)。