kawachi_title.gif

September2009

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Top Page

Japanese

English

訳者あとがき
Translator's Afterword

クレヨンしんちゃんの作者の訃報をきき思い出した事

2009年9月28日

 私は9月はじめの10日間日本にいました。はー良い夏休みでした。

 英気を養った気でアムスに帰ってくると、その10日の留守の間にじつにさまざまな事が待っていて、厄年+へたな海外暮らし=平穏な日々は無し、と実感したのですが、それはさておき私が最近一番びっくりしたのはクレヨンしんちゃんの作者の訃報です。

 私はそこまでクレしん体験が豊富なわけではありません。
 私が日本に住んでいた頃のルームメイトに、クレしん映画を熱く薦められて一緒に見たとか(大人たち、みさえとかパパとか、が子供の頃の世界にかえったまま心地よすぎて戻らなくなってしまい、困ったしんちゃんたち現在の子供たちが力を合わせて止まった世界をなんとかするという話でした)、または古本屋にぶらっと立ち寄った時に100円のやつを買うぐらい。

 でもそのニュースを聞き思い出したのは昨年描いた1枚の絵でした。
 赤の洗濯バサミと黄色のボクシンググローブの出会いが描かれた絵の最初のきっかけはクレヨンしんちゃんだったからです。

 その日私はスタジオでYou Tubeを見ながら、はじめ何を見ていたかは忘れましたが、クレヨンしんちゃんのTVアニメがアップされているページにたどり着きました。
 「どれどれ1本観ておこうか」ぐらいの気持ちで選んだのは「ペンキ塗りだぞ」的なタイトルのもの。たぶん知らず知らずペインティングの題材を探していたからでしょう。
 開けばしんちゃんとパパが自宅の庭で犬小屋のペンキ塗りをしていました。

 ペンキ塗りの得意なパパがしんちゃんにデモンストレーションをするも、しんちゃんは全然見ていないとかそういうやりとりがあったあと、しんちゃんがペンキを塗る段になりました。
 「おーしんのすけ、結構筋がいいじゃないか」とかほめられたのちしんちゃんは手がすべって刷毛を飛ばしてしまい,同じく庭の物干に干してあったみさえの高級下着にバシャッとそれが着いてしまいました。
 そのあとしんちゃんはみさえにこっぴどくしかられるのですが、私は、しんちゃんが誤って飛ばしてしまった刷毛の絵の具がみさえの高級下着に着いてしまうシーンが妙に気になってそのシーンをドローイングしました。でもそれは絵にせず放っときました。

 後日自転車をこいでる時、日本から発作的に取り寄せた「暮らしの手帖」に載っていた洗濯物干の写真が何かの答えとして頭に浮かび、それをもとに絵を描き始めました。

 後に描かれるボクシンググローブはオランダでの体験をそのまま出したものです。複雑なコントロールなしで。

 
 そんな事を思い出しました。思い出せてよかった。
 
 
 ご冥福をお祈りいたします。

 ああ、明日は搬入。行かなくては。まだまだやる事山積みです。


tomoko_invitation.jpg

September 28, 2009 7:42 PM

title%20logo.GIF

Spirited Away

28th Sep. 2009

We were in Japan in the begining of September for 10days holiday. It was very nice and we felt compretely charged.

After we backed to Amsterdam, many good-and-bad news were weiting me. Ok, I'm in my climacteric year, plus, not good at foreign living, makes no easy days...

Anyway, more importantly, the recent biggest news what I heard is, the death of the author of 'KUREYON-SHIN-CHAN'.

Because of that news, I remembered how I made a painting 'Red and Yellow' in last year.

The painting is about an encounter of red-laundry-pinch(clip) and yellow-boxing-glove.
And the first trigger came from the watching 'KUREYON-SHIN-CHAN' on YouTube.

I already have forgotton what I was watching first, but anyway I reached to KUREYON-SHIN-CHAN's page on YouTube.
I had not wanted to see so much but I choosed and opened a story about painting a doggy house.
Maybe because I was looking for some ideas for a new peinting at the moment.

After open it, Shin-chan and his father was painting a doggy house in theirs garden.

father is good at painting and he wants to show how-to-do for Shin-chan, but Shin-chan is in another world..anyway Shin-chan's turn to paint had come.

Shin-chan is not bad at painting and the father praise him, and an accident came to Shin-chan.
Shin-chan slipped his paint brush and it flew and made splash to his mother, his mother's laundries in the same garden. The laundries are laxary underwares.
And then Shin-chan has gotton scorched from Misae..

This scene, Shin-chan accidentaly slipped his paint-brush and it flew and made splash to laundry, laxury underwares, made me feel something, and I made drawings of it. But I didn't work for painting soon, I'd just left them.

On the other day, when I was biking, a photo of laundry pinch(clip) from Japanese-living-magazin, rang a bell as an answer. Then I started to make a painting.


In the end, I made an image of yellow-boxing-glove on top of it. It's about my experience in Holland, I painted it directly on canvas with uncontrolled.

This is what I remembered, how I made a painting,'red-and-yellow'.
I am happy to find this out. Yokatta.


And I pray for the auther of 'KUREYON-SHIN-CHAN'.

tomoko_invitation.jpg

September 28, 2009 6:21 AM

△TOP

ART TRACE